読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銭湯 バン・ドゥーシュ

ランニング

「皇居」「ランニング」ってキーワードでこのブログに訪問してくれている人がわりと多いようなので、バン・ドゥーシュについてメモっておきます。ちなみに僕は皇居デビューして間も無く、バン・ドゥーシュの利用も数回しかありませんので誤った情報を含んでいるかもしれませんので悪しからず。

  • 名称:バン・ドゥーシュ
  • 住所:東京都千代田区麹町1−5−4
  • 料金:450円
  • 営業時間:15:00〜24:00(土曜のみ13:00〜23:00)
  • 休日:日曜


ごくごく普通の銭湯ですが、利用者の90%以上がランニング目的で来てる感じ。あるブログなどでは受付時に「走るの?風呂だけ?」と聞かれるとも書かれてましたが僕が行った限りでは、もはやそんな事は聞かれません。噂に違わず平日夜は高い確率で混雑しており、脱衣所の混雑っぷりはすごいです。時には他人と自分の裸のケツが接触事故を起こしてしまいそうなくらい混雑してます。しかしその混雑を差し引いても受付のオバサンの人の良さと皇居に無茶苦茶に近い立地なので、愛用者が多いのかも知れないです。

利用の流れはこんな感じ。

  1. 1.受付でお金を払う(450円)
  2. 2.下駄箱に靴をしまい鍵をかける(下駄箱の空きが無い場合には、鍵無しの下駄箱に入れる)
  3. 3.着替えて荷物や貴重品、下駄箱の鍵をロッカーに入れて鍵をかける(ロッカーの空きが無い事が多い。その場合にはカゴに着替えを入れておき、貴重品は下駄箱の入れて鍵をかけておく)
  4. 4.ロッカー(もしくは下駄箱の鍵)を受付のオバサンに渡す(この時鍵の番号は覚えておくこと)
  5. 5.走る
  6. 6.走り終わってバン・ドゥーシュに戻ったら、受付で鍵の番号を告げて鍵を受け取る
  7. 7.入浴
  8. 8.着替えて終わり

その他気づき。

  • ロッカーも下駄箱も空きが無い場合は貴重品はどうする??
  • バン・ドゥーシュではアミノバイタル、お茶、ビールなどの飲み物が売ってる。
  • 僕は走る前に会社のそばかバン・ドゥーシュの正面にあるサンクスでウィダーを買ってエネルギー補給してます。
  • 案内の張り紙(上の写真)に「ラベンダー」「しょうぶ」とかって書いてあるけど、湯船でその手の香り・色がしたためしが無い。あれの意味が不明。

ざっとこんな感じでしょうか。誤りや新たな発見があれば追記します。