読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南ヤツに行ってきました〜1日目〜

山行

1泊2日で南ヤツの縦走に行ってきました!登った山は硫黄岳・横岳・赤岳・中岳・阿弥陀岳の5つ。天気予報に反して雨も降らずラッキーな山行でした。
都心から3時間半、1泊だけで森林限界の山々を縦走できるなんて!うーむ、南ヤツってフィールドは侮れませんぞ。


1日目の行程はざっくりこんな感じです。

  • 09:00 新宿発(特急あずさ)
  • 11:20 茅野着
  • 12:15 茅野発(直行バス)
  • 13:00 美濃戸口着・発
  • 14:00 赤岳山荘
  • 16:00 行者小屋着
  • 21:00 就寝


それでは詳細どうぞ。


6月27日(土)1日目
出発は少し遅めの新宿発9:00の特急あずさ。最寄の駅で特急券を買おうとしたら指定席が満席ではないですかガビーン...予定を変える訳には行かないので無駄に贅沢してグリーン車で茅野へ。身なりを綺麗にしてる人に混じってCWX+短パンの僕は明らかに場違いな感じ。(しかしグリーン車ってのは本当に快適です)
茅野駅に11:30に到着し、12:15発の美濃戸口直行のバスを待つ。アルピコバスターミナルが入る茅野駅前のショッピングビルで昼食を食べたりトイレに入ったりと有意義に時間をつぶす。ちなみにここのトイレはウォシュレット完備です。ワオ!ウォシュレット派なアナタはこちらで登山前の用を足しましょう。

ベルビア1Fのそば茶屋にて



バスに揺られ到着したのが八ヶ岳山荘がある美濃戸口。車だとこの先の赤岳山荘のところまで入れます。電車+バス組は美濃戸口がスタート地点。ちなみに同じバスに乗っていた登山客は僕以外ではソロハイカー一人と30名くらいの学生の団体。団体が出発する前にサッサと出発だ!


ナルゲンに水をぶっこみ、ストレッチをしいよいよ出発です。

13:00 赤岳山荘までの一時間はこんな感じの車道歩き。

何度もアブと蛾がまとわりついた。辛い。


14:00 赤岳山荘が近づくと見慣れた看板が!ここは神保町か?

ここまで勢力が拡大しているとは恐るべし我らがさかいや。しかしターゲットユーザーを考えると正しいマーケティングなのかも。
先述した通りで自家用車はここまで入ってこれちゃいます。(いいなぁ)



赤岳山荘より先、行者小屋までは緑が多く気持ちの良いトレイルが続きます。ところどころ道がはっきりしない箇所があって何度か地図を確認したり道をもどったり。



雪解け水の影響なのか爆裂増水中。とてもじゃないけど渡渉できません...


お!誰かが作ってくれた細い木のエスケープルートがあるではないか。

しかし一歩で渡れそうだけど、見るからに滑りそうなツルツルな木...水の流れも急なのでもし足を滑らせたら色々なものがズブ濡れな感じ。怖い怖い。


16:00 美濃戸口から約3時間。この日の野営地行者小屋に無事到着。

テントは20張くらい?小屋泊まりはほとんどいない様子です。次の日は雨の予報でしたし、梅雨時期なので空いていたのかな?赤岳や阿弥陀岳が見える抜群のロケーションで、16時までの喫茶メニューもあってラーメン・カレー・そば・うどんが食べられますよ。


歩いた後はやっぱりグビグビ...800円くらい。


テントはトレックライズ2

山友達に借りてきました。ご存知2〜3人用のテントなので一人で使うには広くて快適そのもの。



テントに進入してきた蚊と奮闘していたら、隣のテントの方から「よかったらコレどうぞ」と自作の蚊取り台と蚊取り線香を貸してくれました!おぉぉ、これは嬉しい。
この後は雑誌や本を読んだり、明日のルートを確認したりとダラダラと過ごす。

次の日はAM3:00起床でモーレツ縦走!はりきってまいりますよ〜。

[rakuten:kojitu:10028203:detail]