読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Osprey/Atmos50

ギア Osprey

日帰り山行はもっぱらBlackDiamond/RPMですが、たまにのテント泊で愛用しているのはコレ、Osprey/Atmos50です。

背中に張り付くようなフィット感で程々に軽量なので気に入ってます。購入時には同じくOspreyのExos58あたりと悩んだのですが、最終的にはデザインが自分好みなAtmosを選びました。

以下スペック

■素 材: 210Dツイルベロシティー コーデュラ〓
160 x 210Dウィンドウリップストップ コーデュラ〓
■サイズ: M
■対応背面長:M=46〜52cm
■容 量:M=50リットル
■重 量:M=1.54kg
■推奨パッキングウェイト:14〜18kg
■外 寸: 縦71×横34×奥30cm

http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/detail_view.cgi?act=000003&brand=000004&ctgr=000016&subctgr=000043&product=OS50194


2009年南八ヶ岳1泊2日縦走のパッキング
Atmos以前は2005年前後発売のkarrimor/cougarやAlpinisteといった重いモデルを愛用していたので、フィッティングは劇的に変わりました。


背面はエアスピードサスペンションと呼ばれる背面技術を採用していて、軽くて快適そのもの。蒸れませんよー。
(もしかしたら画像が横向きになってるかも。はてなフォトの変なキャッシュのせいと思われます)



ウェストハーネスにも左右に十分な収容スペースがあるのでちょっとした行動食やiPhone、デジカメなどはお茶の子さいさいで入ります。もう少し収容が少なければグラブバッグの購入理由できるのに



結構気に入ってるのが、このトレッキングポールアタッチメント。
ショルダーハーネスからザック本体下部にかけてトレッキングポールを収容できます。移動中にも邪魔にならないし、出し入れも一人で簡単にできます。ザックのサイドパネルに入れてると出し入れが面倒でトレッキングポール使わない事が多かったけど、Atmosだとちゃんと必要な場面でトレッキングポール使うようになりました。

2009年購入でやっと記事に出来ました....

2010/9/19追記
YouTubeにOspreyの紹介動画を発見しました。あぁ、このblog見るよかよっぽど参考になるな...