読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20130414_ハセツネ30K

トレイルランニング ROD

昨年から続いての参加となったハセツネ30Kの話です。
同じレースに出るのって故郷に戻ってきたみたいでいいね。この大会にもROD!!からは怒涛の10人が出場。



スタート前は和気あいあいとした雰囲気。Photo by 茶々


ハセツネ名物の渋滞を避けるため、スタート直後はムリしてダッシュ。ITJではスタートダッシュで自滅したがハセツネ30Kではうまくいった。コース変更で新たな渋滞スポットとなった刈寄山手前の採石場林道も自分が到着した時には5分ほどの待ち行列だったので、適度な休憩をとる事ができた。しかし後続を見るとあれよあれよと大渋滞。あと5分遅く到着したいたらと思うとゾッとした。30分は待たされただろう。

以降レースはトラブルなく淡々とマイペースで走り続けたつもりだったけど、帰りの入山峠を過ぎたあたりから太ももが動かなくなりストップ。太ももがパツンパツンに張った状態でまるで硬直したような感覚。もしかしてコレが足を攣るって事なのか?実は自分はこれまで足を攣った経験がなくこれが人生初だったのだ。ストレッチして太ももを拳でビシビシ叩いてほぐすとどうにか走れる状態にまで復活。

今熊神社まで戻り、階段をあがるとそこにはROD!!の応援隊がいた。これはうれしい。

Photo by Akira

元気を取り戻し、最後は力いっぱい走って無事にゴール。

4:22:20でゴール。

タケさんには負けたが、それ以外のメンバーより先にゴールできたらしい。密かにプレッシャーも感じていたのでホッとする。
自分より後にゴールしたメンバーは渋滞にたっぷるハマったらしい。序盤の渋滞を回避できたのが彼らより早くゴールできた要因だったもよう。来年一緒に走ってら勝てるかどうか、、、、

ゴール後にハイドレーションパックを見ると500mlも水を消費していない事がわかった。そりゃ水分不足で足も攣るわ。
ITJに続きこのレースも自滅した感あり。ペース配分はよかったものの補給計画が悪かった。まさか水を500mlもとっていなかったなんて。まだまだ経験不足ですね。

しかしレース結果は昨年よりタイム短縮できたので良しとする!

ハセツネは東京から日帰りできるいいレースです。
来年からはハセツネカップのポイント制が廃止されハセツネ30Kの順位でハセツネカップの優先エントリー権が付与されるとか。。。クリック合戦が激化しますね。とりあえず自分もエントリーを試みる予定です。


関連リンク



大きな地図で見る