読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

剱岳リベンジ 2日目

さて、いよいよ剱岳を目指して張りきって参りますよ!

剱沢小屋から剱岳までは一服剱と前剱というピークと、有名なカニのタテバイ・ヨコバイという鎖場があります。ゆっくり歩いてもCTは6時間で高低差も500Mほど。ルートはいわゆる別山尾根ルートと呼ばれるところ。焦らずに登れば事故は無いでしょ。


22日5:30 剱沢小屋出発

まずは一服剱を目指してぐんぐん歩きます。
雨は止んでいるものの雲が多い。雲よ、どっかいってしまえ!


22日6:15 一服剱(2615M)

自慢げにプロトレックと写してますが、標高がデタラメじゃん...たぶんプロトレックの使い方間違えてます(恥)


お次は前剱を目指します。写真は一服剱岳から前剱を見たところ。

傾斜がすごい!Wikipediaに言わせると「一般登山者が登る山のうちでは危険度の最も高い山」らしいが、なるほど納得。


前剱を登る途中の風景。



22日7:00 前剱(2813M)到着

実際に登ってみると、意外に危険箇所もなく楽に登れました。


前剱から剱岳途中の鎖場。


怖い...


23日8:00 出た!カニのタテ這い

渋滞を予想してましたが誰もいない!貸切状態でした。


ぐいぐい登ります。

ほぼ垂直の壁ですが鎖が整備されているだけでなく、写真のようにぶっといボルトも打ち込んであるので、足場はしっかりしてる。


登りきった場所から下を見下ろすと...

やはりなかなかの高度感。


ちなみにこれは下山時の写真。噂通りの大渋滞。


そしてカニのタテ這いを抜ければ山頂まであと少し!


23日8:30 剱岳山頂!

イエイ。1年越しのピークハントはやっぱり嬉しい!


素晴らしい眺め!

気がつけば晴れていた。


登頂を喜ぶ他の登山グループ。

こちらのグループではありませんが100名山の最後の山で剱岳に来られているご婦人もいらっしゃいました。おめでとうございます。


23日9:00 別れ惜しいですがボチボチ下山です。


23日9:30 そして下山路はカニのヨコ這い!


一歩目のフットホールドが見えにくく、なかなか足が出ないヤマ。

たまたま居合わせた同室の「先輩」から、ムーブをご指導頂く。


あとは横にズリズリと進めばよい。



23日10:00 早めの昼食。

昨晩ガイドさんから教わったケルンの後ろ。なるほど絶景の昼食ポイント!


下山途中にNHKの撮影クルーと遭遇しました。

測量隊の検証番組を撮影してるとかで3人がかりで木材を運搬してます。
番組は10/17放送予定とのこと。忘れずに見ないとね。


23日13:00 剱沢小屋に無事到着!

プシュ!今回初めてのビアで乾杯。


23日14:30 今宵の幕営地剱沢キャンプ場

テントはヤマのトレックライズ。


剱岳が一望できる眺望の素晴らしいキャンプ場です。

ざっと見回すとほとんどが国内テント。1張だけハバを発見も、フライシートがちゃんと張れてないようでフライシートが常にひらひらでなんだか寒そう。風の強い場所はやはり国内産かと思ってしまったり。


夕食までしばし昼寝。

剱岳を横目にできる極上の昼寝!幸せ〜。


この後は「食べる」「寝る」だけ。

23日18:00 夕食
23日20:00 就寝


しかし、風がやたらと強くて寒い...
いよいよ、次の日が最終日。「先輩」から教えていただいた立山縦走経由で室堂に戻ります!


[rakuten:kojitu:10010366:detail]